【神保町ランチ】キッチン南海(きっちんなんかい) 神保町店のカツカレー

カレー激戦区のなかでも、いつも行列ができているのが「キッチン南海 神保町店」(きっちんなんかい)。カレー専門店ではなく、メニューの少ない洋食屋さんといった感じのお店(悪い意味ではなく)。ここの名物が真っ黒いルーが食欲をそそる「カツカレー」(700円)です。

カツカレー

食べログによると、ランチの営業は11:15~16:00ということなので、14時とか遅めに行くことをおすすめします。それでも、少し並ぶかもしれません(回転ははやいです)。店内はカウンターとテープル席が少し。わたしはテープルに座ったんですが、かなりせまかったです。

外観

店内は人気店ならではの熱気が。「食ってやるぜー!!!」オーラの男が「カツカレー大盛りで!」みたいな感じで注文しているので、雰囲気にのまれてしまって大盛りを頼みたくなりますが、(神保町の大盛りなれしていないのであれば)そこはガマンです。まずは普通盛りを頼んで、量を確認することをオススメします。

さて、カツカレーですが写真ではちょっとわかりにくいですが、ボリューム満点!でかい皿に真っ黒いルーがタップリ盛られているので、見た目のインパクトがあります。ご飯の量も多いですが、ルーの量を調整しながら食べるなんてことをしなくても大丈夫なのはいいですね。ごはんの上にキャベツがのっているのも特徴です。

カレーのお味は濃厚だけどサラサラしていて食べやすい。辛さも適度です。キャベツとあわせて食べるとさっぱりする感じもあって、ちょっと「ゴーゴーカレー」のルーをサラサラにした感じかな?と思いました。カツも適度な厚さで、ご飯とルーとカツを一緒にガブッといけます。

外観2

かなり満腹になりましたが、完食。ご飯は少なめでもいいと思いました…。次は「チキンカツしょうが焼きライス」か「ひらめフライしょうが焼きライス」あたりを頼んでみたいです。ひらめフライは人気のようですが、珍しいですよね。気になります。

ごちそうさまでした。

食べログ点数:3.58 ※記事投稿時点

東京都千代田区神田神保町1-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。