【神保町ランチ】「カレー専門店番付2015」が発表。神保町カレーの番付をチェックしてみました!

株式会社カレー総合研究所が運営するカレー大學が、「カレー専門店番付2015年首都圏版」なるものを発表したそうです。

株式会社カレー総合研究所 所長の井上岳久氏は「横濱カレーミュージアム」のプロデューサーをされていた方で、カレー研究の第1人者なんだとか。大手メーカーのカレー商品の開発なども手がけられているそうです。

さっそく、神保町のどのカレー屋さんが番付にのったのか、チェックしてみました。

カレー番付

番付は、首都圏のカレー専門店1000店以上をリサーチし、メディア露出度、売上利益、行列度、専門家評価度、口コミ度などの各項目から総合評価して決定したそうです。

さっそく、神保町のカレーの番付をチェックしてみましたよ!

<東(インドカレー系)>
関脇
エチオピア
前頭筆頭
・マンダラ

<西(欧風カレー、日本進化型カレー系>
大関
・共栄堂
・ボンディ
小結
・ヤミツキカリー
前頭
キッチン南海
・ガヴィアル

まだまだ行ったことのない店が多いですが、大好きな「エチオピア」が関脇に選ばれていました。実はまだ超有名な「共栄堂」と「ボンディ」には行ったことがないので、やはり行かねばなりませんね。

みなさんのお気に入りのお店は選ばれていましたか?

●カレー大學公認部活「カレー店番付策定部」「カレー専門店番付2015(首都圏版)」を発表
http://curry-kiko.jp/archives/431
●カレー総合研究所
http://www.currysoken.jp/